【初心者必見!】水槽ライト LEDライトのメリット、デメリット、特徴を解説!

どうもこんにちは!

kijinです!皆さん、最近、観葉植物にも興味が出てきました!

そっちのほうも更新してみようかな^^

植物が日々生長する姿を見るのは癒されますよ↑↑↑

アクアリウムも、観葉植物も照明が大事!ってことで、LEDライトのお話をしましょー!

それではいってみよー!

LEDってどんなもの??

LEDとは、発光ダイオードという半導体の名称です。発光ダイオードというのは、電気を流すと発光する半導体です。

専門用語が多くて難しいですねwwwww

 

LEDライトのメリット

寿命が長い

寿命は40000時間と言われています。

おおよそ4年6ヶ月ですねwww

コレはほかの電球と比べたら段違いですね。

でも雑に扱って壊してしまったら、そこで、寿命はおしまいですww

 

ランニングコストが安い

40WのLEDライトを1日9時間点灯したとすると

1日 1.215円

365日 443円!!

安い!!!

 

調光のコントロールが可能

蛍光灯などではできない、調光(明るくしたり暗くしたりすること)が可能です。

水槽によって少し暗くしたほうが、雰囲気が出る水槽レイアウトには最適ですね!

 

紫外線と熱線がとても少ない

紫外線と熱線がとても少ないということは、虫が寄り付きにくいです。

たまにちっちゃい虫がぶんぶん飛んで具合が良くないことってありますよね?

そんなときにはLEDが活躍します。

 

衝撃、振動に強い

地震が増えてきている昨今では、衝撃に強いというのは、

なかなか優秀な能力ですよね!

 

寒くても瞬時に点灯する

蛍光灯などは、スイッチを入れてから、光るまで、少し時間がかかりますが、

その点で、LEDは瞬時に点灯するので、ノンストレスです!

 

LEDライトのデメリット

導入コストが高い

蛍光灯などに比べると、やはり販売価格が高いですね。

でもこれから長く使うとなれば、最終的には、安くなる可能性があります。

熱に弱い

 

 

場所によって明度が異なる

蛍光灯などは光を全方向に撒き散らすのに対し、LEDは光を出す方向が決まっているので、

決まっている方向以外の部分は、十分に照らされません。

だから、アクアリウムのLEDライトは光源がたくさんついているんですね!

まとめ

いかがでしたか?

LEDライト。扱い方には少し癖がありそうですが、

コレを読んだら、使ってみたくなりますよね?w

ぜひ、購入して、LEDライトの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です