【初心者必見!】外部フィルターのメリット、デメリット、特徴を解説!

どうもこんにちは!kijinです!

いよいよみんな大好き外部フィルターについて勉強をしていこうと思います!

外部フィルターってどんな特徴やメリット、デメリットがあるかご存知ですか??

この記事を読んでいただければ、外部フィルターのメリット、デメリット、どのような場面に適しているか、確認することができますよ。

それでは早速いってみましょう!!

 

外部フィルターってどんなもの??

外部フィルターの一番の特徴は水槽から離して設置するというところです。

水槽の下だったり、物によっては、上(棚など)にも設置することができます。(危ないので推奨しませんがwww)

ろ過材容量もとても大きく、中級者、上級者向けなどと聞くこともあります。

 

 

外部フィルターのメリット

本体は水槽外に設置できる

スポンジフィルター、投げ込みフィルター、底面フィルターとは違い、

本体を水槽の外側に設置することができます。

ホースの長さしだいでは、書斎から、リビングまで行けちゃうかも!(不可能)

 

強力な生物ろ過

ろ過材を入れる容量が大きいため、生物ろ過に特化したろ過材をふんだんに盛り込むことができるため、

大容量の生物ろ過槽が出来上がります。

モーターの動きが強くないため、物理ろ過には向きません。

 

 

二酸化炭素を逃がしにくい 酸素を取り込みにくい

排水口を水中に持ってくることができるので、

水しぶきがたたず、酸素を取り込みにくくすることができます。

 

動作音が静か

モーターがそんなに大きくないため、動作音はとても静かです。

また、上記でも記載したように、排水口を水中に持ってくることで、

水が落ちるポチャポチョ音もしません。

ほぼ無音で、水槽干渉に浸ることができますwww

 

部品交換ができる

販売パーツが細かく分かれているので、故障した箇所の部品を購入することができます。

そういう意味では、ランニングコストともいいかもしれませんね!

 

水流の強さ 向きを調節することができる。

排水ホースの出口にホース弁が着いているため、弁の閉め具合で排水の水量を調節することができます。

また、排水パイプの向きも変えることができるので、自在に向きを調節できます。

排水パイプにもいろいろな形状があるので、カスタマイズするのも楽しみの1つですね♪

 

水槽内がクールになる

水槽内に本体を入れるわけではないので、水槽内がスッキリ、クールになりますwww

表現の仕方が良くないかなwww

 

 

 

外部フィルターのデメリット

値段がほかのフィルターと比べ高い

見出しの通り、ほかのフィルターに比べると値段が高いです。

私程度のおこずかいだと、買うのに勇気と勢いが必要ですwww

 

 

物理ろ過が苦手

モーターがつい良くないため、大きなごみが、給水パイプに詰まってしまうと、

動作しなくなってしまいます。(まぁでも結構放置しないと起こらない現象ですが)

でも汚れが良く出る水槽だと要注意ですね!

 

外部フィルター本体を置くスペースが必要

私のように、家の片隅に追いやられてしまっている人は、

水槽を置くスペースも限られてしまうものです。

そうなると、スペースを上手に活用しなければ、外部フィルターを設置することが

難しいかもしれません。。。

 

酸素が不足する

二酸化炭素を逃がしにくくするというメリットの裏返しに、

酸素が不足するという現象が起こる可能性があります。

排水パイプをシャワーノズルに替えて、水面ジャバジャバしてあげるとか、

別でエアレーションを設けてあげたほうが、外部フィルター内のバクテリア達も喜びます。

 

メンテナンスが面倒

コレは大問題www

久しぶりに「さぁ、フィルター掃除でもするかぁ」

なんて作業に入っても、まず、フィルターのフタが開けられないwww

フィルターは長時間密閉されていたため、かなり堅くなったりしています。

でも最近のものはだいぶ工夫されていて、簡単に開けられるみたいですけどねwww

 

 

気づいたら水漏れ(汗

しばらく使っていると、本体側の給水排水ノズルが劣化していて、

下に水が溜まっていることがあります。(汗

まぁでもコレは、こまめに観察をして、おかしいなと思ったら、パーツ交換でカバーできるかと思います。

 

 

 

向いている水槽

水草水槽

二酸化炭素を逃がしにくいというメリットはココで生きます。

皆さんがご存知の通り、植物は二酸化炭素を使って生きています。

(消灯中は植物たちも酸素で呼吸していますので、エアレーションしてあげてね)

 

大型魚を飼育している水槽

水質を汚しやすい、大型魚の飼育に向いています。

生物ろ過的な意味合いになりますので、フンや大きなごみはフィシュレットというものや、

物理ろ過をしてくれるフィルターを併用するととても良い思います。

 

 

 

向いていない水槽

水流が苦手な生態が住む水槽

外部フィルターから、排水される水の勢いは結構強く、水槽内に流れを作ります。

ですので、ゆったり暮らしたい水流が嫌いな生体の飼育には向いていません。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

外部フィルターの魅力は伝わりましたか?

外部フィルターは主に水草水槽(ネイチャーアクアリウム)に良く使われています。

本記事に記載した、メリットデメリットを生かして、皆様も、快適なアクアライフをお送りください。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です