【初心者必見!】スポンジフィルターのメリット、デメリット、特徴を解説!

どうもこんにちは!kijinです!

今回はスポンジフィルターについて勉強をしていこうと思います!

スポンジフィルターってどんな特徴やメリット、デメリットがあるかご存知ですか??

この記事を読んでいただければ、スポンジフィルターのメリット、デメリット、どのような場面に適しているか、確認することができますよ。

それでは早速いってみましょう!!

 

スポンジフィルターってどんなもの??

スポンジフィルターとは、スポンジをろ過材として、エアリフト方式で、水を通し、

主に生物ろ過を行う、フィルターのことです。

 

スポンジフィルターのメリット

 

コストパフォーマンスがとても高い!

本体価格が安いですww

なんか今まで書いてきたもの全てコストパフォーマンスが高いと書いていますが、

ホントにコスパいいんですって!ww

ぜひ、ググッて見てください!

 

 

エアレーションも兼ねられる

エアリフト方式(ブクブク)を採用しているため、

酸素も同時に供給されます。

 

 

メンテナンスがとても簡単

メンテナンスもとっても簡単です。

本体を丸ごと水槽から出して、スポンジを「ズポッ」とはずして、

取り出した飼育水につけてモミモミして汚れを落とすだけ!

あっ、もちろんスポンジ以外の本体もゴシゴシしてくださいね!

 

 

生体を吸い込む心配が無い

モーターユニットで水を動かしているわけではないので、

小さな魚を吸い込んでしまう心配はありません。

 

 

スポンジフィルターのデメリット

 

見た目が良くない

小さなものでも、水槽の壁にくっつけると割りと大きく感じます。

奥行きがある水槽などでは、フィルターの前に、何か物を置いて隠すなどのことができますが、

スリム水槽などでは、どうしても露見することになり、私的には見た目があまり良くないなと思います。

 

 

スポンジフィルター単品だとろ過不足感がある

ほかのフィルターに比べて、ろ過容量が多くないので、ろ過不足感が否めません。

スポンジが大きなものも存在しますが、水槽サイズ等、設置条件がかなり厳しくなるかと思います。

 

 

エアーポンプの音がうるさい

コレは底面フィルターでも同じことが言えますが、エアーポンプの「ん゛んんんーーーーっ」の音が

気になる人はかなり気になると思います。

最近のものは振動吸収できるゴム足等があるので、そこまで気にならないとは思いますが、

1度気になり始めたら最後、めちゃ気になると思います。

 

 

こんな水槽に向いている

 

稚魚、シュリンプ系飼育水槽

メリットでも述べたように、小さな魚を吸い込む心配が無いので、

稚魚やシュリンプ系を飼育している水槽にはとても向いています。

 

 

こんな水槽は向いていない

 

大型水槽

デメリットでも述べたとおり、ろ過容量がそこまで多くないため、

大型水槽に単品で設置するには不向きと言えます。

もし、使用される場合は、ほかのフィルターとの併用をオススメいたします。

 

 

水流を好む生体が住む水槽

どうしても、水流を作ることが単品ではできないので、

水流を好む生体を飼育するには向いていません。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

スポンジフィルターのメリット、デメリットはご理解いただけたでしょうか?

スポンジフィルターが活躍する場面は、稚魚シュリンプ系水槽、

また、ほかフィルターを使っていて、ろ過能力がもう少しほしいという時に

活躍するフィルターです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です