【初心者必見!】底面フィルターのメリット、デメリット、特徴を解説!

こんにちは!kijinです!

今回は底面フィルターについて学んでいこうとおもいます。

底面フィルターってどんな特徴やメリット、デメリットがあるかご存知ですか??

この記事を読んでいただければ、底面フィルターのメリット、デメリット、どのような場面に適しているか、確認することができますよ。

それでは早速いってみましょう!!

 

底面フィルターってどんなもの??

底面フィルターとは、水槽の床砂、砂利をろ過材として利用し、生物ろ過を行うフィルターです。

水を底面に吸い下げ、ろ過し、噴出し口から、出てきます。ちょっと画像がないと、わかりにくいですよね(汗

今後、記事をブラッシュアップしていきますので、ご期待ください!

 

底面フィルターのメリット

コスパ最強

他のフィルターでも安価と、何度も書いてしまっておりますがww

こちらがコスパ最強だと思います。

本体が安い、ランニングコスト(個人差あり)も安い!

コヤツ、コスパに関してはいうことなしです!

 

高いろ過能力

極端に言ってしまえば、水槽内の底床は全て、ろ過材となります。

その容量が多ければ多いほど、たくさんのろ過材があるということになります。

そこでしっかり、水通しを確保し手上げれば、最強の生物兵器(生物ろ過)となりますww

 

水槽内が酸欠になる心配が無い

基本的にはエアー(ブクブク)を使うため、酸素を随時供給しているので、

生体の数が、過密でない限り、酸素不足の問題が発生することは無いでしょう。

 

水槽上部がスマートになる

底面フィルターを設置した際、水槽の上部に見えるものといえば、

エアーチューブ1本なので、水槽上部がすっきりしています。

そういう意味では投げ込みフィルターもスマートですね。

 

他種フィルターとの連結が可能

底面フィルター×外掛け

底面フィルター×外部フィルター

など、連結して使うと、吸い込みの力、そしてろ過能力が大幅アップします!

後、連結とかすると、テンションあがりますよねwwww

 

 

底面フィルターのデメリット

 

メンテナンスが面倒

長く使用をしていると、底床に分解しきれない汚れが溜まっていくため、

掃除をしなければなりません。

そうなったときがなかなか大変です。

水槽から、水、生体を別の場所へ移し、水草があればそれも移し、リセットでもしているかのような作業です。

こういう作業が好きな人は全く苦になりませんが、私はちょっと・・・ww

 

水流が弱い

エアーリフトだけで、ゆったりと水を動かすので、水流はほとんどありません。

 

 

設置したらリセットするまでそのまま

一度設置してしまったら最後、底床のフルメンテナンス時、リセット時にならなければ、

底面フィルターを取り出すことはできません。

 

設置にトライ&エラーが必要

他のフィルターにもいえることかもしれませんが、

ろ過材の荒さ、ろ過材の質、ろ過材の厚み、リフトアップ力、この辺がうまくマッチしてくれないと

安定した水質を保つことが難しいです。

こまめに、PHなどを計測し、研究しながら、最適を見つけなければなりません。

 

 

こんな水槽に向いている

稚魚やエビさん水槽

底面フィルターは、小さな魚をフィルターに吸い込んでしまうという事件が起こりません。

そういう点で、稚魚の育成、小さなエビさんを飼育するのには適しています。

 

小型水槽

底面フィルターは場所をとらないため、小さな水槽のフィルターとして活躍することができます。

他のフィルターでは、邪魔になってしまいますもんね。

 

 

こんな水槽には向いていない

底物たちが蔓延る水槽

底物と呼ばれる、コリドラスや、ドジョウを飼育されている水槽で、底面フィルターを使うのは、生体がかわいそうかなと思います。

底面フィルターは底床に汚れを集めて、ろ過をするので、常に底床で生活する底物たちにとっては、衛生的ではありません。

 

水草水槽

水草水槽には向いていません。

水草は根を張るため、底面への水通しの妨げになるどころか、底床の掃除すらすることが困難となってしまいます。

また、常に酸素供給しているため、日中二酸化炭素がほしい水草にとっては、良い影響はないですね。

 

水流を好む生体が住む水槽

デメリットでも述べましたが、底面フィルターは水流がほとんど出ないため、

水流を好む生体の飼育には向きません。

もし、水流を好む生体がいる水槽に導入したい場合は、カスタムをするか、別フィルターを併用して使うようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

役に立てられる、メリットやデメリットはありましたか?

底面フィルターは安価で、ろ過能力も高く、水質の安定を保つことができます。

ですが、そこにはお金ではなく、手間がかかってきます。

初心者の方は設置する前に本記事で読んだことは思い出して、

上手に設置してくださいね。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です