【初心者必見!】投げ込みフィルターのメリット、デメリット、特徴を解説!

こんにちは!kijinです!

アクアリウムをゼロから始める方は、フィルターといえば、この投げ込みフィルターを想像する方は多いのではないでしょうか?

では、投げ込みフィルターってどんな特徴やメリット、デメリットがあるかご存知ですか??

この記事を読んでいただければ、投げ込みフィルターのメリット、デメリット、どのような場面に適しているか、確認することができますよ。

それでは早速いってみましょう!!

 

投げ込みフィルターってどんなもの??

投げ込みフィルターとは名前の通り、水槽に投げ込んで使用できるフィルターのことで、

エアリフト方式により、力を発揮するフィルターです。

 

投げ込みフィルターのメリット

値段が安い

本体の値段が安いです!

どのフィルターにも書いてしまっている気もしますが、

こいつの値段には目を見張るものがあります。

 

どこでも売っている

この子は、「一応ペットコーナーも作っておくか」っていう

なんでも売っているようなお店にも、必ずと言ってもいいほど置いてあるので、

どこか出先で、ついでに投げ込みフィルターでも買っておくかって時でも購入することができます。

 

設置が簡単

エアーホースを繋いで、水槽にドボンするだけで、設置が完了!

設置位置にこだわりがあり、几帳面な方はそうではないかもしれませんがwww

とにかく簡単に設置をすることができます。

 

また、簡単に設置が出来るので、今使っているフィルターが壊れてしまった時の

緊急事態用として、1つは持っておきたいですね。

 

色んな形状の水槽に設置が可能

外掛けや上部は水槽サイズや一辺にある程度の長さが必要となったり、

必要条件が出てきますが、この投げ込みフィルターは違います。

いわゆる金魚鉢のようなフチ円形になっていても、底面積さえ確保できていれば、

設置ができてしまうという、なんともフレキシブルなフィルターです。

 

エアレーション効果がある

エアーリフト方式(ブクブク泡が出るやつ)を採用しているため、

水槽のお水に酸素の供給もすることができます。

生体にはとても嬉しいことですよね^^

 

カスタマイズが可能

色んなカスタマイズもすることができます。

モーターを繋いでみたり、ろ過材を変えてみたり、

水草に足りないものを補うという意味で、他のフィルターと併用して、投げ込みをカスタマイズして、

放り込む方も少なくないようです。

 

みんな使っているのでカスタマイズ情報が豊富

上記にカスタマイズ例を少しだけ挙げましたが、

ネットでカスタマイズ方法を調べると、斬新なカスタマイズをされている方も

たくさん見えるので、調べてみるととてもいい刺激になりいますよ^^

 

投げ込みフィルターのデメリット

ろ過能力が高くない

ろ過能力はそこまで高くないように感じます。

「投げ込みなめるな!」という声が聞こえてきそうですが(汗

あくまで、私の感想でございます。

水草レイアウトの邪魔になる

投げ込みフィルターは大きくても小さくても、

水槽内に鎮座するものです。

うまく、底床に埋めたりして使えば良いのかもしれませんが、

埋め込んで使うのであれば、もっと別のいい方法があるのではないか?

と思ってしまいますので、邪魔になるかなと記載せていただきます。

 

 

投げこみフィルターが向いている水槽

特殊形状水槽

金魚鉢が代表的な例です。

他にも、プラ舟など、水槽として作られていない容器にもオススメです!

 

上から眺めるための水槽

上から見たときに、投げ込みフィルターって、私の中では、風情の一部のように感じます。

無駄な配線もないし、いいなぁ・・なんて思います。

言葉足らずですが、わかってくれる人いるかなwww

 

投げ込みフィルターが向いていない水槽

水草水槽

水草水草には向きません。

水草水草に日中不要な酸素が供給されてしまいますし、

水草をやられている方は、何より、水槽内に投げ込みフィルターがいたら、

景観が損なわれてしまいますからね・・・

投げ込みに活着系水草をつけたらカッコいいかも???

 

大型水槽

大型水槽に間に合うろ過能力はないと考えますので、オススメはできません。

超デカイ投げ込みもありますが、魚さんが泳ぐスペースを確保するために大型の水槽にしているのに、

その超デカイ投げ込みを入れてしまうのは、本末転倒かと・・・

また、他のフィルターと併用でサブとして、使用するというやり方であれば、効果は絶大だと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

投げ込みフィルターの良いところ、悪いところ、特徴を読んで、どう感じたでしょうか。

アクアリウムをスタートさせるには簡単なので、とても敷居が低いかと思います。

1つは持っていても損はないので、ぜひ、手にとって見てくださいね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です