【初心者必見!】外掛けフィルターのメリット、デメリット、特徴を解説!

こんにちは!kijinです!

突然ですが、外掛けフィルターってどんな特徴やメリット、デメリットがあるかご存知ですか??

この記事を読んでいただければ、外掛けフィルターのメリット、デメリット、どのような場面に適しているか、確認することができますよ。

それでは早速いってみましょう!!

 

外掛けフィルターってどんなもの??

外掛けフィルターはその名の通り、水槽のフチに引っ掛けて、使用するフィルターです。

それではメリット、デメリット、いってみましょう!

 

外掛けフィルターのメリット

設置、ろ過材交換がとにかく楽!

設置がとにかく楽です。

箱から取り出して、ろ過材を袋から出して、装着して、水槽に引っ掛けるだけwww

後は呼び水としてフィルターにある程度水を入れてあげて、電源をブスっ!コレで稼動開始ができます。

ねっ!楽チンでしょ!?

 

 

水槽の中がすっきりする。

小型水槽で活躍する場が多い理由が、水槽の中をすっきりさせてることができる点が大きい。

投げ込みフィルターや、スポンジフィルターなど、小型水槽に大きなものを入れてしまうと、

それだけで、スペースをとってしまい、みんなが大好きな流木や、石をレイアウトする隙間がなくなってしまうどころか、

景観が良くないのです。

 

 

油膜が発生しにくくなる。

よく水面に油膜ができることがあると思いますが、このフィルターは、絶えず水面の水を動かし続けるので、

油膜が発生する隙を与えません。

水の動き方によっては、発生する場合もあるので、そこは、よく考察しながら水位やフィルターを掛ける向きや位置を

調整してください。

 

 

音やり方によっては静か。

やり方によって と書いたのは、水位によって、水のチャポチャポ音がしたり、しなかったりするからです。

コレは人の感覚になってしまいますが、水のチャポチャポ音を好きな方もいると思いますし、うるさいと思う方もいると思います。

筆者はどちらも好きなので、メリットに書かせていただきましたwww

 

 

設置して稼動するときにテンションがあがるwww

コレは完全に筆者の感想なのですがww

生まれて初めて買ったフィルターがこの外掛けフィルターだったのですww

私は昔、説明書を読まずに買ったものを組み立てたりする修正がありました。

一日格闘して、やっとのことで、稼動したのです!

そのときの喜びは今でも忘れられませんwwww

 

 

外掛けフィルターのデメリット

ろ過の能力がちょっと低い。

純正のろ過材を使うと思いますが、メンテ、ろ過材交換がめちゃ楽というだけあって、

ろ過材の容量などは、とても少ないです。

大型のものもありますが、やはりほかのフィルターと比べると効率が良くない感じがします。

 

 

ランニングコストが高め。

ろ過材の交換を頻繁に行わなければならないため、ランニングコストは高めです。

 

一定以上の水位でなければ、稼動しない。

コレは、ほかのフィルターでも発生する事案ですが、

この外掛けフィルターについても、コレが当てはまります。

水位が足りなくなると「イ゛イ゛イ゛ィイ゛ィィイーーンッ!」みたいなうるさい音がしますwww

 

 

水質が安定しない。

頻繁にろ過材を交換するため、ろ過材が新品のときと、交換寸前の使い古したときでは、

ほかのフィルターよりも、ろ過能力の高低さが顕著に出る気がします。

まして、小型水槽で使っていると考えると、なおさら安定させる事は難しいでしょう。

 

 

気づいたらエビさんが中で生活してるwww

とあるメーカーの外掛けフィルターの水の吐き出し口を水面につくぐらいに設定していると、

エビの滝登りがたまに見ることができますwwww

その勢いで、中に入ってしまうんでしょうねwww

ろ過材の交換の際に、ろ過材にくっついてくるみたいなwww

快適なのかな????

 

 

外掛けフィルターが向いている水槽

小型水槽

水槽の中を器具でごちゃごちゃさせないために、この外掛けフィルターは向いています。

水槽内がCooolになりますww

 

水流を好む魚が多い水槽

比較的いい感じの水の流れを作ることができるので、

流を好む魚たちには大人気ですww

テトラ系とかですかね!!

 

 

外掛けフィルターが向いていない水槽

大型水槽

大型の外掛けフィルターもありますが、やはり、ろ過能力不足が心配されますので、オススメできません。

 

 

水質にうるさい生体が生活している水槽

上記で、何度も書いてきてますが、ろ過能力が高くないので、

水質がに敏感なビーシュリンプさんなどを飼育される方は、気をつけたほうが良いでしょう。

 

筆者が使っている外掛けフィルターはこれ!

私が使っているのはこの「テトラ オートワンタッチフィルター」です!

これを使って一番良かったと思う点は、ほかの外部フィルターに比べて、水流の微調整がしやすいということ、

めっちゃ弱くできるんだけど、均等に流れてくれる的なかんじで、めっちゃいいです!

言葉での表現は難しいので、ぜひ手に取って体感してくださいね!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、外掛けフィルターのメリット、デメリット、特徴を紹介してきました。

水槽の外にサクッっと引っ掛けるだけで即稼動!

とても魅力的ですが、使用の目的や、方法を行ってしまうと、大切なお魚さんたちを苦しめてしまうかもしれませんので、

よく調べてから、使うようにしてくださいね!

私はフィルターを2機掛けする際の、サブに使ってみようかと思います。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です